【邦画完全版】失恋したあなたへオススメの泣ける映画50選

失恋の悲しさは、時間が解決してくれる」なんて言葉がありますが、そんなの待っていられない!という方のために、思いっきり泣ける感動的な邦画をご紹介します。邦画の魅力はなんと言っても、日本人が演じている点です。洋画だといまいち共感できない・・と思った経験がある方でも、言葉や感情の意味を深く考えずに見ることができるのでオススメですよ♪ぜひ、ここで紹介する邦画を見て気持ちをスッキリさせてみてくださいね!

1.ジョゼと虎と魚たち


出典:Amazon
雀荘でアルバイトをしている大学生の恒夫(妻夫木聡)は、ある日、乳母車にのっていた「ジョゼ」と名乗る少女と出会います。彼女は足が不自由なため、彼女の祖母が散歩に連れ出してあげているのだとか。そんな彼女に恒夫はだんだんと惹かれていって…。ジョゼを演じる池脇陽子の美しさが際立つ作品で、彼女の魅力に引き込まれますよ♪

2.ソラニン


音楽活動をしている種田成男(高良健吾)と、彼と同棲している社会人2年目の井上芽衣子(宮崎あおい)が主役のこの作品。社会や人生に不満を持ち、芽衣子は会社をやめてしまいます。

一緒に暮らしながらも、先の見えない生活をする2人でしたが、ある日芽衣子は成男に本気でバンド活動に取り組んでほしいと伝えるのでした。それをきっかけにバンドに熱を入れた種田でしたが、彼は芽衣子に突然「別れよう」と告げます。

その理由がとても切なく悲しいんです。失恋とはまた違う理由なので、失恋を掘り返すことなく泣ける映画です。

3.愛のむきだし


優しい神父の父親をもつ高校生の本田悠(西島隆弘)は、平和な日々を過ごしていましたが、父に愛人カオリができたことで生活は一変します。彼女に溺れていく父親は、カオリとの別れを機に悠に懺悔を強要するようになります。彼にはもともと懺悔するような罪はなかったのですが、父親との絆を失いたくない悠は「盗撮」という罪づくりに励むことに。そんなある日、彼の理想的な女性に出会うのでした。

4.ただ、君を愛してる


俳優・玉木宏さんと女優・宮﨑あおいさんが出演されている映画「ただ、君を愛してる」は、2006年10月28日に公開された心温まる映画です。公開前から話題になり、多くの人が涙しました。

物語はゆっくりと進みますが、あまり気負いせずに見れる感動系映画はあまりないので、しっとりとした映画が好きな方にオススメです。

5.僕等がいた


映画「僕等がいた前・後篇」は前篇・後篇の2部作の作品。俳優・生田斗真さんと女優・吉高由里子さんが出演されている、泣ける感動系映画です。前編・後編とどちらも見所がありますが、前編を見なくてもある程度楽しめる構成の秀逸さも素晴らしいのでオススメです。

6.いま、会いにゆきます


秋穂澪役の女優・竹内結子さんと秋穂巧役の俳優・中村獅童さんの演技力の高さが光るこの作品は、号泣必至の恋愛映画です。特に、ベテランの女優と俳優の演技は必見です。今は亡き妻を想う夫が、

子供と妻の3人で再会するというストーリーです。主題歌や演出もぴったりで思いっきり失恋の悲しみに浸りたい時にはオススメです。

7.君に届け


映画「君に届け」は、女優・多部未華子さんと俳優・三浦春馬さんが主演された純愛ラブストーリーで、2010年9月25日に公開された恋愛映画です。漫画を読んでいた人でも、実写化されたことで新鮮な気持ちで見ることができるのでオススメです。

8.orange-オレンジ-


映画「オレンジ」は2015年に公開され話題となった作品です。女優・土屋太鳳さんや俳優・山崎賢人さんが出演し、俳優・山崎賢人さんはこの作品で、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。ある日、日記のように日付と未来に起こることが書かれた手紙を受け取った主人公が、手紙に1年後に死ぬと書かれていた男子高生を救うために動き始めるというお話です。

9.潔く柔く


映画「潔く柔く」は女優・長澤まさみさんや俳優・岡田将生さんが出演した、2013年10月26日に公開された作品で、日本テレビ放送網開局60周年記念作品としても注目を集めました。

漫画から映画化された作品としては異例の劇場動員数を叩き出した実力派。大切な人を失った悲しみや恋の悩みを抱える若者の成長を描いています。

10.今度は愛妻家


この映画は2010年に映画化され、今なおファンの間で愛されている素晴らしい映画です。若い男女の恋愛映画が多い中で、熟年の恋愛を描く、新鮮な気持ちで見ることができる作品です。歳を取っても素敵な恋愛ができると思えると、いつまでも女性として幸せに生きることができそうですよね。

11.世界の中心で、愛を叫ぶ


言わずと知れた名作である「世界の中心で、愛を叫ぶ」は、当時無名だった森山未來・女優として開花し始めた当時の長澤まさみ長澤まさみが出演し、死にゆく彼女を見守る姿に心打たれる方が多くいました。時が経った今でも、見直して涙することができる純愛映画です。思いっきり泣きたい時に是非見てみて下さい。

12.秒速5センチメートル


東京の小学生、遠野貴樹と篠原明里。卒業と同時に明里は栃木へ転校してしまい、両思いだった二人は離れ離れになってしまいます。

中学へ入学してから半年が経ったころから、明里から手紙が届いたのをきっかけに文通を始めた2人でしたが、今度は貴樹が鹿児島へ転校してしまうことが決まってしまいます。

転校する前に人でも会いたいと出向いたものの、約束の日、関東は大雪で電車は遅れてしまします。2人のその後が気になるアニメーション映画です。

「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の3本の短編から構成されています。青春時代の淡い思い絵が蘇る恋愛映画です。

13.ハナミズキ


この映画は2010年に公開されてた作品で、一青窈の「ハナミズキ」という曲が有名になったのも、この作品の挿入歌として使用されたからだと言われています。

一度は遠距離恋愛の末別れてしまった恋人たちが、それぞれの道を歩み始めてから再会するというストーリです。新垣結衣さんのふんわりとした雰囲気が女性らしく可愛いので、恋愛映画に興味がなくても是非一度見ていただきたい作品です。

14.永遠のゼロ


60年間封印されてきた大きな謎が、時代を超えて解き明かされていく究極のラブストーリーです。小説から映画化されたこの作品は、ミステリー作家の百田尚樹原作。ミステリーと恋愛ものが好きな方なら大満足できる作品ですので、是非ご覧ください。

15.ノルウェイの森


ノルウェイの森は2010年に映画化され、話題となりましたよね。カナダを舞台とした自然溢れる風景は、見ていて心が洗われます。この作品を見て感動して泣いた、デートで見に行って結婚を決意したなんていう人もいるそうです。村上春樹原作の小説が元となっているので、村上春樹好きには堪らない作品でしょう。恋愛映画だけでなく、人間関係に悩んでいる方にもオススメした新感覚の恋愛映画です。

16.南極物語

南極観測に行った日本人とそり犬の苦難を描いた、泣ける映画です。タロとジロの二匹の犬は現在剥製として北海道の博物館に展示されています。南極に取り残されてしまった犬たちが無事に生還する感動のストーリーです。実際にあった本当の話を、創作を加えて映画化したことでも知られています。涙なしでは見られない感動作なので、是非見てみて下さいね!

17.ピースオブケイク


この作品は、20代女性の恋愛模様を描いた映画で、20代の女性に特にオススメしたい映画です。出演者は多部未華子さん、綾野剛さん、松坂桃李さん、木村文乃さん、光宗薫さん、 菅田将暉さん、中村倫也さんなど豪華俳優陣が勢揃い。出演者も魅力的ですが、原作の良さをそのまま生かした作風がファンから人気を集めています。原作を読んだことがなくても、十分に感動できる映画なので、ぜひご覧下さい。

18.モテキ


久保ミツロウ原作の漫画で、2008年23号から2010年9号まで漫画雑誌「イブニング」に連載されていました。「モテキ」は漫画としてもとても人気がありましたが、ドラマや映画化されたことによって、さらに人気が出ました。映画と同じように人気を博したドラマ「モテキ」は、 2010年7月16日〜10月1日までに放送され、出演者は森山未來さん、野波麻帆さん、満島ひかりさん、松本莉緒さんなどな豪華な顔ぶれが注目されました。映画にしか出演していない出演者もいるので、是非チェックしてみて下さいね♪

19.セカンドバージン


こちらの映画はドラマ化され人気を博し、その後映画化された作品です。14歳差の不倫愛を描き注目を浴びました。セカンドバージンというと、しばらく音沙汰なかった性生活が再開される事を言いますが、時代の変化によって女性の悩みのタネとして話題になっています。そんなテーマで作られたこの作品は、大人の女性に是非見ていただきたい作品です。

20.タイヨウのうた


映画「タイヨウのうた」は、俳優・塚本高史さんがとシンガーソングライターのYUIさんが主演し、2006年6月17日に公開されたラブストーリーです。

海辺の町に暮らす雨音薫は太陽の光にあたれないXPという病気を抱えており、日が暮れると活動を始め、日の光が出る頃に眠ると言う通常の人々とは逆の生活を送っていました。

そんな逆転生活を送る2人が出会い、病気に向き合っていくという、感動系の泣ける映画です。

21.星になった少年


仔ゾウ・ランディと出会い、タイへ渡り、日本人初のゾウ使いとしての道を目指しながらも、20歳で逝去した少年、坂本哲夢さんのお話です。哲夢の実母である坂本小百合が記した『ちび象ランディと星になった少年』を原作としており、若くして亡くなった彼の生涯を映画化しており、亡き人の物語というだけで泣けてきます。

22.博士の愛した数式


第1回本屋大賞に輝いた小川洋子のベストセラー小説を、寺尾聰を主演に迎えて映画化した泣ける映画です。シングルマザーで家政婦の杏子は、派遣先の天才数学博士に交通事故の後遺症があえると診断されます。

しかも、その後遺症とは80分しか記憶を維持することができないというもの。数学一筋の博士とのコミュニケーションは困難でしたが、彼は10歳の息子にルートと名付けて打ち解けていきます。

これを機に、3人で穏やかな時間を過ごすようになります。

23.東京タワー

リリー・フランキーが亡き母への思いを綴った、自伝小説を原作とした松岡錠司監督の作品です。脚本にはリリーと同郷だという松尾スズキを迎え、社会的ブームにもなりました。

美大進学を機に上京した「ボク」は、罪悪感を抱えつつ自堕落な生活を送っていました。ようやく仕事が軌道に乗り始めた頃、女手一つで育ててくれた「オカン」のガンが発覚します。母親への愛情が込み上げてくる作品となっています。誰かの愛情に飢えている時に見て欲しいオススメの映画です。

24.西の魔女が死んだ

登校拒否になった中学生が、田舎で暮らすイギリス人の祖母の元に預けられるというお話。西の魔女と呼ばれる彼女との生活との生活は、「なんでも自分で決める」という考え方を教えてくれました。

梨木香歩のロングセラー小説を映画化した、長崎俊一監督の映画作品です。魔女修行の中で語られる言葉はとても魅力的で、見終わる頃には心から癒されている事を実感できる映画です。

25.メゾン・ド・ヒミコ

2005年に公開された犬童一心さんが監督を務めた映画です。映画「メゾン・ド・ヒミコ」はゲイのためにある老人ホームを舞台に繰り広げるちょっと風変わりな物語です。ゲイの父親の娘は父がゲイであることを許せずにいます。そして、父を含む老人ホームでの人間模様を描く感動系の泣ける映画です。

26.カノジョは嘘を愛しすぎている

映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」は、俳優・佐藤健さんと女優・大原櫻子さんが主演していている事で注目を集めた作品です。サウンドクリエイターとして活躍している秋が音楽ビジネスに嫌気をさしていた頃、女子高生の理子をナンパしたことから交際が始まり、ここからいろんな物語が展開されていきます。ストーリーも面白く、泣けるシーンも沢山ありますので、是非ご覧ください。

27.Love Letter

婚約者である藤井樹の三回忌の帰り道、渡辺博子(中山美穂)は藤井の中学時代の卒業アルバムを見ることに。そこに載っていた彼が昔住んでいたという住所へと手紙を出すと、数日後に返事が届いたのです。実は、その文通相手は彼と同姓同名で同級生だった藤井樹でした。そこから始まる文通には隠された秘密がありました。ぜひ感動の結末をチェックしてみて下さい!

28.涙そうそう

沖縄・那覇で飲食店を開きたいと夢見る青年・稲垣洋二郎と、高校合格を果たした妹・カオルが同居を始めるところから物語が始まります。2人は両親の再婚で家族となった義理の兄妹でしたが、洋二郎は成長した妹に対して、微かな戸惑いを感じるようになりました。
歌手・森山良子が亡き兄への想いを作詞した『涙そうそう』を元ににした映画で、沖縄の自然の美しさと、血の繋がらない兄と妹が互いを思いやり生きていく様子を、優しい雰囲気で描いています。

29.おくりびと

チェロ奏者を辞めたばかりの小林大悟は、ひょんなことから「納棺師」となり、特殊な仕事に戸惑いながらも意義を見出していきます。故人との別れが繰り広げる様々な人間模様が描かれています。

少し重くなりがちなテーマですが、ユーモアも交え軽快なタッチで綴られているので、感動したい時に見ても泣ける映画として楽しめますよ。

30.ツレがうつになりまして。

こちらの映画はドラマ化もされ 、その人気の高さから映画化もされたという話題作です。うつ病という少し重く感じられるテーマの中に恋愛要素も盛り込まれています。ストレス社会で生きる社会人の方に是非見ていただきたい作品です。

31.余命1ヶ月の花嫁

2007年5月、末期の乳ガンのため24歳の若さでこの世を去った、長島千恵さんの生涯を映画化した感動の名作です。恋人と4月に結婚式を挙げ、余命1ヶ月を夫婦として過ごした日々を描いています。

取材に応じて自分の思いを伝え続ける姿が、痛々しくも感動的でした。周りで支える人たちの温かさも感じられる作品です。

32.神様のカルテ

自然豊かな長野県松本市の本庄病院では、24時間365日体制で常に医師不足に悩まされる過酷な現場の姿がありました。内科医として勤務する栗原一止は、前向きな職員たちと診療に励み、患者との出会いや様々な経験を通して成長していきます。温かい気持ちになれる感動できる作品です。

33.BRAVE HEARTS 海猿

佐藤秀峰による漫画を伊藤英明主演で映像化した映画です。ドラマ・映画共に大ヒット記録したシリーズで、劇場版第4弾の完結作でもあります。1話ずつ見ても楽しめますが、一気見して涙を出し切ってしまうのもオススメです!

34.ばかもの

大学生のヒデ(成宮寛貴)は奔放な年上の額子(内田有紀)に惚れ込み、留年するほど額子に溺れてしまいます。しかしある日、突然額子はヒデを公園の木に縛り付けたまま置き去りにし、そのことからヒデはアルコールに溺れ人生を狂わせてしまいます。10年後、額子と再開したいと考えたヒデは突拍子も無い行動に出ます。

35.半分の月がのぼる空

累計140万部を突破した橋本紡の原作の人気恋愛小説を、深川栄洋監督が映像化した作品です。入院先の病院で知り合った少年と心臓病を患う美しい少女や、悲しい過去を持つ医師がそれぞれの思いを抱えながらもひたむきに生きる姿を描いています。病気を通して心を通わせる2人の姿がとても感動的な映画です。

36.そして父になる

ある2組の夫婦が、ある日突然6年もの間我が子として育ててきた息子が、出産時に病院で取り違えられた他人の子だと知らされます。考えただけでも過酷状況であることが想像できますが、様々な決断を迫られる中で苦悩していく姿に感動させられる涙なしには見られない作品です。本当に大切なものとはなんなのかという事を考えさせられる映画です。

37.君の名は。

『秒速5センチメートル』などで高い評価を得た、あの新海誠が監督・脚本を務めたことで話題を集め、空前の大ヒットを記録した事でも知られる作品です。物語の舞台は、1000年に一度のすい星来訪が1ヶ月後に迫る日本で、田舎の暮らし退屈していた女子高生と、東京で暮らす男子高生が、ある時から入れ替わる夢を見るようになることから物語は進んでいきます。なぜそのような夢を見るようになったのか・・・物語の終わりに明かされる真実に心打たれる事間違いなしです。

38.湯を沸かすほどの熱い愛

夫が蒸発し、中学生の娘がいじめで苦しむ中、余命2ヶ月の宣告を受けてしまった幸野双葉が、残りの時間で最後の4つの願いを叶えることを決意します。死期が迫る中、彼女は運命に絶望することなく、持ち前の明るさで家族の立て直しに尽力し、出会った人々を幸せな気持ちにしていきます。

39.ヒミズ

愛のない両親に育てられ孤独に生きようと決めた15歳の少年・住田裕一に好意を抱いたクラスメイトの茶沢景子は、彼を蹴ようと奮闘します。住田は景子を疎ましく思いながらも、徐々に心を開いていきます。そこに、借金を作って蒸発していた父が出戻り、彼の運命が大きく狂い始めてしまうのです。

40.昼顔

2014年に放送され、社会現象にまでなったドラマ『昼顔』の続編となる内容です。前作で不倫関係が暴かれ、離れ離れになった紗和と北野が再会し、再び2人の禁じられた関係が始まります。 ドラマの続編ということで、主役の上戸彩と斉藤工は勿論、監督の西谷弘と脚本家の井上由美子も続投。 そして、伊藤歩演じる北野の妻である乃里子も登場し、鬼気迫る演技を披露しています。

41.カラフル

天使の出現により、自殺してしまった少年・真に「ホームステイ」させられる「ぼく」。そんな「ぼく」はもともといた、「生きている」世界に戻ろうと抗います。しかし彼は、真がなぜ自殺をしたのかの本当の理由を知ってしまいます。 生きている世界に戻ることがどういうことなのかを考えさせられる、普通の青春映画とは一味違う作品に仕上がっています。思春期ならではの心の動きを克明に表現した作品で、とても感動する映画です。

42.海がきこえる

東京の私立大学に合格し、上京した杜崎拓は、親友が片思いしていた少女を、ある日吉祥寺で目撃してしまいうところから物語は始まります。高校時代の淡い思い出が蘇る、見ていてちょっとワクワクする作品です。

43.聲の形

京都アニメーション制作の山田尚子監督によってアニメ映画化された作品です。

主人公の石田将也が、耳の聞こえない少女に好奇心からいじめをしてしまいます。そのいじめが度を過ぎたため孤立していった小学生時代を送ることになった少女と、高校生になった石田が再会を果たし、罪やトラウマと向き合っていく様子が細やかに描かれています。

44.君の膵臓をたべたい

主人公の「僕」は、ある日、クラスの人気者である山内桜良の手帳を拾ったことで、膵臓を患った彼女の先が長くないことを知るところから物語は始まります。それをきっかけに、2人の物語が繰り広げられていきます。主人公の回想という形でストーリーが進行していく、映画にしかないが特徴が見どころ。

45.言の葉の庭

靴職人を目指す男子高校生・タカオは、雨の日になると、学校に行かず靴のスケッチに勤しむのが習慣。そんな彼が、雨の日だけ27歳の女性・ユキノに出会うという奇跡を体験します。お互いを知っていく中で、彼女には心から信頼できるものがないという現実を突きつけられますが、タカオはそんな彼女に靴を作って上げようとします。淡い恋物語で泣きないのなら、是非この映画を見てみて下さい。

46.おおかみこどもの雨と雪

『時をかける少女』『サマーウォーズ』などで知られる映画監督・細田守と脚本家・奥寺佐渡子の3人のタッグによる映画で、その人気は絶大です。 おおかみおとこと恋に落ちてしまった大学生の花は、結婚し子供をもうけます。花が懸命に姉弟を育てていく様子を描いたこの作品は、ほっこりとした気持ちにしてくれる感動作です。

47.イヴの時間

人間と共存しているにも関わらず、道具として扱われるアンドロイドと、そんなアンドロイドと生活する高校生の日常を描く物語です。SFで作品ではありますが、現代が抱える人との関わり方をテーマにしてるので、人間関係に悩んだり、失恋して人を信じられない時に見るのがオススメです。

48.ももへの手紙

瀬戸内の小さな島「汐島」に母と移住した11歳のももは、不仲だった父を亡くしてしまいます。彼女は、途中まで書かれた父からの手紙を見てはみるものの、内容は分からないままでした。そんな彼女が、身内を亡くした悲しみから立ち直る姿を描いた泣ける作品です。

49.僕の初恋をキミに捧ぐ

幼い頃から心臓病を患っていて、「20歳まで生きられない」 垣野内逞(岡田将生)。彼の主治医の娘である種田繭(井上真央)はそんな彼と「大人になったら僕のお嫁さんになってください」というお願いを聞き届けようとします。しかし、後で自分が20歳まで生きられないと知った逞は、繭から逃げるように全寮制の高校に入学してしまうのでした。絶対泣ける映画としても知られるこの作品。是非一度、大泣きしながら見てみて下さい♪

50.この世界の片隅に

昭和20年、18歳のすずは、広島・呉の北條周作のもとに嫁ぎ、顔も知らない人と結婚した鈴は、広島県の呉市へと引っ越していきます。舞台は1944年、第二次世界大戦中の広島。そんな辛い状況の中、戦争に揉まれながら彼女は試行錯誤しながら生き抜いていきます。戦争ものなので、死と隣り合わせなお話ですが、それでも感動作として話題の作品です。号泣必至のこの映画を是非ご覧ください!

まとめ

失恋をした時に見たい邦画をまとめてみました。失恋した時には、思いっきり泣いて気持ちを落ち着かせたいものですよね。気持ちが晴れたら、次の恋に進む勇気も沸いてくれるはずです!ぜひこの記事で紹介した邦画を見て元気を取り戻して下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です